ログイン    

メインメニュー
御嵩小の教育
トップ  >  学校安全について  >  不審者に対する心構え

「5つのやくそく」まもろうね!

① ひとりであそびません
  • みんなできめられたみちをとおります
  • かならずグループであそびます
  • くらくなるまえにおうちにかえります
  • 人のいないところではあそびません
② しらない人についていきません
  • しらないひとにみちをきかれたり、「おうちまでつれていってあげる」といわれても、ぜったいについていきません。
  • しらない人に「くるまにのらないか」とさそわれても、ぜったいにくるまにのりません。
③ だれとどこであそぶかはなします
  • かぞくにいきさきとかえるじかんをはなしてからでかけます。
  • いっしょにあそぶともだちのことを、ちゃんとはなします。
  • おとうさん、おかあさんにいちにちのできごとをはなします。
④ おおきなこえでさけびます
  • へんな人がちかづいてきたら、おおきなこえでさけびます。
⑤ ちかくの人にたすけをもとめます
  • ちかくにいる人におおごえでさけんで、たすけをもとめます。




 
 
「子ども110番の家」とは?

 子どもが不安を感じて、通学路周辺の民家、コンビニ、ガソリンスタンド、理容店などに駆け込んできた時、児童を保護し、警察、学校、家庭等へ連絡しても
らう制度のことです。
 子どもの犯罪被害の未然防止を図っています。

プリンタ用画面
前
巨大地震時の対応
カテゴリートップ
学校安全について
次
インフルエンザ対策

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Designed by OCEAN-NET