ログイン    

メインメニュー
御嵩小の教育

4年生 環境学習で可児川へ

4年生は総合的な学習の時間において「わたしたちの生きる環境」について学んでいます。身近な地域の環境は生物が生きるために適しているのだろうか ということを確かめるための一環として、可児川へ行き、水生生物の様子を調べました。子どもたちは、川岸の隅にある草を踏んでたも網でエビや小動物を捕らえるのに夢中になったり、大きな石の下にカワヨシノボリが集まっているのを見て興奮したり・・・日常では味わえない自然の中の出会いをとても楽しんでいました。中には、思わずしりもちをついてしまう姿もありましたが、それでも笑顔です。「非常に美しい水」の状態の指標となるカワゲラはついに発見できませんでしたが、出会った生物たちから可児川は十分にきれいな水であることを確認できました。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。


携帯用アドレス

御嵩小ニュースは

携帯でも見られます。

御嵩小ニュース(月別)
御嵩小ニュース(評価別)
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Designed by OCEAN-NET